人気ブログランキング |

タグ:ハーダンガー ( 16 ) タグの人気記事

ハーダンガーの『ミニマット』完成と…道具のあれこれ。

刺していた御園二葉さんのパターン「ミニマット」が

めでたく完成したのでお披露目で〜す♪


模様を増やせばロングマットにもなりますが大変そう…



d0218765_11463417.jpeg



縦にして見ると…


d0218765_12292837.jpeg
使用生地: DMC リネン/ダブリン(25カウント 10目/1㎝)
使用糸: パールコットン/BLANC 8番、12番
大きさは42.5×24㎝ほど



小さめのチェストなどに合いそうです❣️


d0218765_14061427.jpeg


仕上げの「片ヘムかがり」は、

ランチョンマットなどでもよく見かけるドロンワークの一種。

綴じながら小さな穴模様がいい感じに出るので気に入りました💕


d0218765_12340953.jpeg


中央のアイレットの連続模様は
一筆書きにではなく2つづつ刺しました。
タティングの時のように
刺し始めの糸端を巻き込みながら糸を隠しました。

マルチーズクロスは
形のバラツキが目立ち、締め具合にも悩みました。
練習を積むしかないでしょうね。

ダブルウェービングは
外側からと内側からでは進み方が違い毎回惑いながらでした。
このステッチ立体感が出て引き締め効果がありますね。

周囲のアイレットは、
テキストでは12番糸でしたが
刺してみると細くて弱い気がしたのと
写真でも12番には見えなかったので8番で刺しました。
このバランスで良かったと思います。

「額縁仕上げ」は
折しろの幅を一部間違えてしまい、
厚みが薄い所や角の歪みがいくらかありますが
よく見なければ分からない程度かと😅




今回も本当にいい勉強になりました‼️



d0218765_10353153.jpeg


ハサミについて以前も少し書きましたが
新しいものも増えたので、個人的感想をレポしてみます。


d0218765_12131063.jpeg

⒈は、ハーダンガー用の反りバサミ。
越前屋さんで見かけて衝動買いしてしまいました。
お店の方が言われていたとおり、持ち上げやすい所がグッド😊
刃がとても薄くて鋭く、パチンパチンといい音がします。
その割には細い繊維が残り、完全に切れていない事も。
(私の切り方の問題かも知れません)

⒉はドイツ、ゾーリンゲンのキューティクルシザーです。
反り刃ですが、角度は緩やか。
全体が平たいので、やや持ち上げにくいです。
切れ味は良いのですが、もう少し刃が薄ければなーと思います。


⒊は、ひとみさんオススメの“CANARY”のもの。
先も細めで持ち手が大きく分厚いので
取り上げやすく切れ味もまあまあですが
指がはまってしまうと抜くのがややストレス。


4は、DMCの手芸ばさみ。
これが一番持ち上げずらく、よく落としてしまいます。
刃が厚めなので糸切り専用にしています。


それぞれ一長一短ですよね〜
いつか越前屋さんオリジナルのハサミが欲しいのですが
試すにはかなりのお値段。
もう少し、腕を上げないと見合わないですね。


d0218765_12250868.gif

今回、使ってみてすごく便利だったのはコレ‼️
クロバーの“カーブ目打ち”です。

先がカーブしていて滑らかなので
しつけや刺繍糸を解いたり
アイレットの穴を調整したり大活躍でした。

d0218765_11033092.jpeg

次も、ハーダンガーと行きたい所ですが

やりかけの編み物を片付けてしまおうかと。








☆ご訪問いただきありがとうございます☆
by Noah-life | 2019-06-30 14:48 | 刺繍 | Trackback | Comments(0)

ハーダンガー刺繍のミニマット、あと少しです!

ハーダンガー刺繍のミニマット
刺し終わりました❣️

d0218765_16594481.jpeg

かなり刺しでがありました💦
一つ一つのステッチは難しく無いのですが
アイレットの“連続模様”、ダブルウェービングの”角“
マルチーズクロスの“大きさや締め具合”などなど。
迷う事も多かったです。

テキストでは、サテンステッチを全て刺してから
次へ進むのですが、
周囲のサテンステッチはあまり触りたくないので
中央の模様を刺し終わってからにしました。


d0218765_17142254.gif
さて、残るは「額縁仕立て」と「片ヘムかがり」で完成です。

「額縁仕立て」は本に説明があるのですが
よく分からず、ドロンワーク関係のブログを探して
何とな〜くこういう事かなという感じでスタート。

面倒でしたが、出来上がり線や折りしろの位置に
全てしつけをしました。

d0218765_17322864.jpeg
「片ヘムかがり」をする準備として
糸を1本抜きます。(内側)

外側は、生地を正しい位置で切り離す為に
目印として糸を2本抜いてみました。
これで裁断しやすくなりました。

実は、短い辺の一方だけ
折しろ幅が少なくなっていました。
気付かず裁断してしまい慌てましたが
何とか大丈夫そうで一安心。


「片ヘムかがり」を一周すれば完成。
あともう少し、頑張ります😅







☆ご訪問いただきありがとうございます☆
by Noah-life | 2019-06-28 18:00 | その他の手芸 | Trackback | Comments(2)

次のハーダンガー刺繍途中経過と…刺繍枠のこと

次のハーダンガー作品を刺し始めました!

今回はちょっと大きめの作品で、
刺繍そのものよりも生地の扱いに苦労してます😅

生地をピンと張った方が、
糸を均等な力で刺せる気がしますが、
刺繍枠を使うと金具に糸が引っかかりやすくてストレス。
刺し終わった部分を傷める気もします。

枠無しの場合、ステッチがふっくらするのですが
織り糸が詰まってしまう事もあります。

とりあえず今は枠を使わず、生地を持って刺したり
テーブルに広げて目を掬う感じで刺しています。


ハーダンガーの場合、糸始末で裏返すのも頻繁。
クロスステッチで使われるスクロールフレームも検討しましたが
生地の向きを変えながら刺すハーダンガーには
やっぱり無理ですよねー。


角度を変えたり、裏返したり。
生地を振り回すのでシワシワです。
d0218765_16364816.jpeg
この後左サイドも右同様に刺します。
残りの中央の模様は一番上と同じです。

ダブルウェービング、マルチーズクロス、
周囲をサテンステッチとアイレットで埋め尽くし…
最後は額縁仕立ての予定。

ふぅ〜💦

まだまだ先は長いですが、楽しく頑張ります!





☆ご覧いただきありがとうございます☆
by Noah-life | 2019-06-09 17:25 | その他の手芸 | Trackback | Comments(2)

ハーダンガーのコースター完成♪

御園二葉さんの本からNo.11の一部分だけ
試しに刺してみました。



d0218765_11552635.jpeg

コースターとしてもちょうどいいサイズ。


d0218765_11284487.jpeg

生地:DMCリネン/28カウント
刺繍糸:パールコットン(白)/ 8番、12番


刺し模様に花模様のサテンステッチが加わると
ぐっと華やかな雰囲気になりますね。
中央はループアイレットというかがり。


d0218765_11484135.jpeg


中央四隅のアイレットは一体どう刺し進めるのか疑問でした。
最初は2つづつ位刺してを繰り返しましたが
糸の始末がスッキリしません。

参考になるものを探していたら、
原京子さんの本に、アイレットを連続して刺す場合は
模様を半分ずつ刺すという説明がありました。
これがヒントになり、何とか一筆書きのように刺せました。
お陰で糸始末がスッキリして嬉しいです😊


アラが見えちゃうのでちょっとだけアップに。

d0218765_11513637.jpeg
一番難しかったのは
周囲の「マルチーズクロス・ステッチ」。
三角形の部分が何度刺し直しても太めだったり、いびつだったり。
それでも、少しづつ形が取れるようになり
とてもいい練習になりました。







☆ご覧いただきましてありがとうございます☆
by Noah-life | 2019-05-29 13:36 | その他の手芸 | Trackback | Comments(5)

ハーダンガー刺繍のサンプラー完成しました♪

小野寺さんの本「はじめてのハーダンガー刺繍」に
使われている22種類のステッチをこの1枚にまとめました。



端の処理はまつっただけの簡単仕上げです😅

d0218765_13412626.jpeg



サテンステッチはもう少しあったのですが
スペースの関係で一番下のライン模様だけになりました。

この本では図案化した模様になっていればサテン、
枠組みの場合はストレートと言うようです。



d0218765_17502579.jpeg
2段目中央がピコットステッチ。
糸が緩んでピコットが移動してしまい
何度もやり直しました💦

ピコットの大きさは人それぞれみたいですね。
小野寺さんや原京子さんはふっくらタイプ。

御園さんは刺し方がちょっと違うので
カチッとした感じになるみたいです。

七宝かがりと言われるステッチと変化形や
糸で様々な格子模様を作るステッチも
簡単なのにいろいろな雰囲気が作れて意外と素敵💕


🍀



下の方はこんな感じ。
d0218765_17370068.jpeg


右下のボタンホールステッチは
ブランケットステッチにそっくりですが、似て非なるもの。

先日ブックカバーを作った時、
間違えてブランケットステッチで刺してしまいました。


ボタンホールの方は針の刺す方向が逆で
結び目の糸が捻れるので
ブランケットよりしっかりすると後で知りました。

d0218765_10404385.gif

今回の生地は綿コングレス。
初心者向きで刺しやすいのですが織り糸が太いので
8番糸でも下地が見えてしまいます。

カットして残った端もモサモサしやすく気になりました。

また、刺繍枠を使うと既に刺した所を潰してしまい歪みます。
枠を外すと、生地が長いので刺しずらいし…
慣れと工夫ですかねー。

いい勉強と練習になりました😀

次はとりあえず布地を調達しなきゃ!


☆ご訪問いただきありがとうございます☆
by Noah-life | 2019-04-29 10:47 | その他の手芸 | Trackback | Comments(2)

レーズンブレッドとシフォンケーキと刺繍サンプラー。

レーズンブレッドたまに食べたくなるんですよねー。
朝からバタバタしながら焼き上げました💕

今回は最強力粉の“ゴールデンヨット”を使ったので
高さも出てくれたみたいです。




d0218765_15143988.jpeg


パンを焼いた後は余熱でナッツをロースト。
次に焼くクルミパン用とおつまみのアーモンド。

d0218765_16112789.jpeg


こちらは昨日焼いた抹茶のシフォンケーキ。
高さはあまり無いですが、抹茶が入っているので
ある程度仕方ないですかね〜😓



d0218765_15064487.jpeg


今、練習を兼ねて刺しているハーダンガーのサンプラー。
ウーブンバーのピコットがなかなか上手く作れず
やり直しばかり😓


d0218765_15541512.jpeg
ちょっと、コツが分りかけたので
お茶しながらチクチク頑張ろうと思います。


d0218765_15102317.jpeg

更新を通知する


by Noah-life | 2019-04-04 15:01 | お菓子づくり | Trackback | Comments(2)

ハーダンガー刺繍のタペストリー完成!

ハーダンガー刺繍のタペストリーが完成しました❣️

タペストリーとは言っても
1枚1枚はコースター位のサイズ。
それをこんな風に額装しリボンで繋げたものです。


オリジナルはトップに華やかなリボンが使われていて
とても素敵でしたが…
とりあえずこのまま吊り下げてみました。


d0218765_14451165.jpeg
テキスト: 『織り糸を抜いて、かがるハーダンガー刺繍』/御園二葉 著
使用材料 : DMCリネン28ct(11目/1㎝)、DMC刺繍糸8番、12番
コットン布、グログランリボン、刺繍用リボン、
三角カン、厚紙、タッセルなど。



テキストでは中の台紙も茶色っぽく、
模様がくっきり浮き上がっていました。



中央の大きめのかがりがワンポイント。

1枚目は「ダーニング・ブリオン」
タティングのクルニータティングとよく似ていますね。
真ん中はクロッシェなどのあのバリオンステッチと同じ。



d0218765_14515407.jpeg

2枚目は「リーフ・ブリオン」
4隅のかがりが一つおきになっています。
この位透け感があるのもすっきりして好みです〜💕


d0218765_14491518.jpeg

3枚目は「フラワースパイダー」。
これ、実は1枚目になるはずでしたが
かがりの途中で横糸が飛び出してしまい、サテンステッチを
一部刺し直して3枚目に。

かなりガタガタですが無駄にならずに
良かったです。

d0218765_14472858.jpeg


大分前にちょっとだけカルトナージュをした事があり
その時の厚紙が残っていたので額装に役立ちました。

組み立てる時も、よくよく説明を読まずに失敗。
何とか修正しましたが、かなりいい加減な仕上げ。
でも、完成して良かったです。


横型に壁に付けたりしても良いかも。


d0218765_14540936.jpeg

ハーダンガー刺繍は単純なかがりでも
均等に刺すことがすごく難しいなぁと思います。
とにかく沢山刺すしか無いですね。

さて次は何を作ろうかな…









by Noah-life | 2019-03-19 17:16 | その他の手芸 | Trackback | Comments(3)

シフォンケーキと次のハーダンガー刺繍

昨日、小沢のり子さんのレシピで焼いた
『アールグレイ&チョコのシフォンケーキ』です。



d0218765_10191101.jpeg
今朝、冷蔵庫から出して。

d0218765_10212835.jpeg
d0218765_10230978.jpeg
紅茶はティーバッグを細かくして使っています。
紅茶の風味とココアのほろ苦さがマッチ!
生クリームを添えるとマイルドさも味わえ、もっと美味しそう。

d0218765_11150387.jpeg


今、御園二葉さんの本からタペストリーに挑戦中です。

タペストリーと言ってもコースター位の大きさ3枚を
台紙やリボンで仕立てるものです。

こちらは1枚目
1枚に40ヶ所もの細か〜いかがりが‼️
中央部分に大きめのかがりを刺せば完成です。
そのかがりが最大の難関。


d0218765_10383903.jpeg

かがり以外は全て同じパターンなので
2枚目から並行して刺す事に。

1枚目は小野寺さんのやり方にならい
周囲にしつけをしましたが2、3枚目は
御園さん流にマスキングテープでスピーディに。

かがりや糸のカット以外は、
布がピンとして持ちやすく刺しやすいです。


d0218765_10523650.jpeg


近眼なので近くは良く見える方ですが
最近は乱視と老眼のミックスで
流石に拡大鏡のお世話になる事が多いです(≧∇≦)

でも、
ハーダンガー刺繍は形になるのが早くてすごく楽しいです。
すぐに糸が終わってしまい糸替えが面倒ではありますが…。



☆ご訪問いただきありがとうございます☆
by Noah-life | 2019-02-24 11:36 | お菓子づくり | Trackback | Comments(0)

ハーダンガー刺繍のブックカバー

ここへきて毎日大雪の青森地方です❄️
向かい側に建築中のお家があるのですが、
毎日雪下ろしからの作業なので大変そうです。

d0218765_10570737.gif



小野寺美智子さんの本『はじめてのハーダンガー刺繍』を見て
ハーダンガー刺繍のブックカバーを作ってみました。

d0218765_10595134.jpeg

表側はストレートステッチ(サテンステッチとも言います)と
ウェービングステッチだけ。

糸を抜いた部分はスパイダースダーン・ステッチ。
確かに蜘蛛の巣みたいですね🕸

初めてのかがり方で、1周毎に始めの位置がずれるので
少し分かりにくかったですが何とかそれらしく出来ました。
もう少し円周を大きくすれば良かったかも…。



裏側

d0218765_11043020.jpeg


周囲はぐるっとボタンホールステッチ。
上下と当て布、ゴム糸をまつり付けて仕立てます。
(写真では当て布の色が見えにくいですが濃いブルーです)

生地から切り離す際、数ヶ所ステッチを切ってしまったので
あまり綺麗じゃないですが裏なのでまあいいかと💦



d0218765_11295217.jpeg

こんな風に本を挟むようです。


横から見るとこんな感じ。
d0218765_11385036.jpeg


綿のコングレス生地なのでざっくりとした手触り。

かがり方やステッチをいろいろ変えても素敵そうです。

実用的なものに仕立てるのは手間がかかりますが、

すごく楽しかったです。






☆ご訪問いただきありがとうございます☆
by Noah-life | 2019-02-12 12:05 | その他の手芸 | Trackback | Comments(4)

ハーダンガー刺繍のソーイングセット

めちゃめちゃ久しぶりのハーダンガー刺繍。
ひとみさんのキットで3枚のコースターを作ってから
何と4年ぶりです…。

(その記事はこちら1枚目→2枚目→3枚目→)


今回は御園二葉さんの本
『織り糸を抜いて、かがるハーダンガー刺繍』(日本ヴォーグ社)
を見て作りました。



d0218765_17382440.jpeg


刺繍布 : ダブリン(10目/1㎝) 生成り
刺繍糸 : DMC8番・12番 (白/Blanc)
その他 : コットン、フェルト、グログランリボン、ビーズ



実はこの中央部……
先にカットして本当にいいのかなぁ?と不安でしたが
指示どおりにしたら、案の定中央部の糸が全部抜けました。
仕方なく別に刺し直して裏から縫い付けています。
せっかくのかがり部分が残せて良かったです。

d0218765_18283118.jpeg
内側にはピンクッション、鋏さし、ポケット。

d0218765_18311527.jpeg


シザーキーパーにはより紐を付けて。
これ、作るのが意外に難しいです。

クロバーのハンディヤーンツイスター欲しい。
ダイソーかセリアさん作ってくれないかな〜。

不細工ですが今回は何とか手で撚りましたよー。



d0218765_18220634.jpeg

小野寺美智子さんの
『はじめてのハーダンガー刺繍』(雄鶏社)もとても参考になりました。

以前はただただ眺めるだけでしたが
今この2冊を比べると
“はじめて”の方はシンプルな作品が中心。
御園さんの方は凝ったデザインや大作も多いです。

ステッチの名前もですが、糸始末や進め方など
ひとみさん、御園さん、小野寺さん
作者それぞれ違うので初心者は戸惑います。

結局は自分がやりやすく、綺麗に見えれば
それが一番かなと思います。


d0218765_11150387.jpeg

元々不器用なのに、中でも一番苦手なのが裁縫。

表布以外はあり合わせの材料なので
色も合っていないですが何とか形になって嬉しいです😊

これからは間をあけずにハーダンガー刺繍続けていきたいです。







☆ご訪問いただきありがとうございます☆

by Noah-life | 2019-01-25 14:12 | その他の手芸 | Trackback | Comments(2)