人気ブログランキング |

久しぶりのタティングレースと新しい道具

毛糸の季節も終わり、そろそろ毛糸以外の手芸を始めようと
5年ぶりにタティングレースを再開することにしました。

知らない間に100円ショップでもシャトルが販売されていてビックリ。
クロバーさんでもボビン式のシャトルや新しい道具が発売されていますね。
初めてさんのように、いろいろ買い集めてしまいました。


クロバーさんの“シャトルボビン”と“ボビンケース”。
ボビンが足らないくらい。

d0218765_14492416.jpeg
クロバーのシャトル(右端)は少し厚みがあります。
比較したくてアーリットのものも買ってしまいました。(左端2つ)
フック部分が浮きますが、一応蓋が閉まります。
クロバー以外のボビンもきつめながら入りました。

クロバーの新しいシャトルはボビンの動きがかなり硬め。
使いやすいかどうかまだ良く分かりません。


まずはリハビリに、小さなモチーフから。


こちらのチューリップの極細目打ちは柄が長めで使いやすく
予想通りほどく時にも活躍してます。
ビーズなどを使う時にも良さそうです。

d0218765_17404703.jpeg

太い毛糸に慣れていたせいか、やっぱり細か〜い。
やたらにシャトルを落とすわ、糸はよじれるわ!
リングの締め加減もきつくなりがちで、
なかなか綺麗なリングになりません。
ピコの大きさも揃えるのが難しく、つなぎ忘れもたびたび。
右奥のスクエアモチーフは最後つなぎ忘れてます。

下は栞です。
シャトルの糸が終わりそうなのでちょっと止まってます。
タティングでは糸つなぎや糸始末は避けて通れないですよね。
面倒ですがこれを乗り越えないとね。


d0218765_15035403.jpeg


ピコと言えば、クロバーのピコゲージも。
使ってみると結構めんどくさいのであまり使わないかも。
同じ高さのピコを繰り返すような場合には便利そうです。


d0218765_17373420.jpeg


クロッシェとタティングを組み合わせたCro-tatも楽しかったけれど
シャトルタティングはやっぱり繊細で素敵なレースだなと思います。

タティングレース再入門。
新鮮で楽しいです。
立派なものは作れそうもありませんが、
小さなものを楽しんで作っていければと思っています。



☆ご訪問いただきありがとうございます☆
by Noah-life | 2018-04-08 14:43 | 編み物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://noahlife.exblog.jp/tb/26649154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タティングレースのしおり「花紋」完成 バニラパウンド >>