赤い果肉のりんご「紅の夢」が届きました♫

果肉まで赤いりんごの事は、東京に居る時から知っていたのですが、
その品種は生産数が少ない為加工品に回る事が多く、
県内に住むようになってもなかなかお目にかかれませんでした。

その後、弘前大学で開発された新品種「紅の夢」が話題となり、
最近では「リリエンベルグ」の横溝シェフも使われています。

先日「ふじ」発祥の地で有名な藤崎町の「藤崎冷蔵」さんで
取り扱いがあるのを知り注文出来ました。

新しい品種の為、生産者さんがまだまだ少ない状況で
とても希少なりんごなのです。
今回は、10月末から2月迄の期間限定販売です。

ちなみに、今回購入したのは特選(上から2番目)の3㌔入り。
手頃なお値段で、傷もほとんどありませんでした。
ご興味のある方は、チェックしてみて下さい。

弘前大学のホームページ
藤崎冷蔵さんのホームページ



d0218765_11165953.jpeg

カットしてみると……
ほんのりとした紅色〜萌えます〜♪
皮をむくとモモのようでした。


d0218765_11171943.jpeg
まずは、生で。
きりりとした爽やかな酸味が口の中一杯に広がります。
さすが、母親が「紅玉」です。(父親は不明だそう)
酸味だけでは無く、味もとてもおいしい。
お菓子にはぴったりなりんごです。

でも、まずは作ってみないと。
綺麗な色が生きそうなジャムからかしら。
大切に使いたいと思います。

d0218765_14171118.gif

☆ご覧いただいてありがとうございます☆
by Noah-life | 2015-10-31 14:03 | 保存食 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://noahlife.exblog.jp/tb/22435659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「紅の夢」で作ったジャム。 津軽半島の旅 >>