人気ブログランキング |

逆折り込みパイ生地に挑戦!ガレット・デ・ロワ2台目完成。

前回のガレットは、層がつぶれて食感が固めで残念でした。
そこで、リベンジ・・・
それが、な、なんとあの逆折り込みパイ生地で!
普通のでも上手く出来ないというのに逆折りでなんてあまりに無謀。


ところが、
順調に層が浮いてくるではないですか?!
最後には、アミのせるほど。

d0218765_17202676.jpg


参考にしたのは、青木定治さんのレシピ。
(NHKチャレンジ!ホビー/2010年12月~2011年1月放送)
はじめてテキストを見た時はミスプリではないかと思ったほど。
実はこれがピエールエルメ氏のレシピで知られる
フィユタージュ・アンベルセであることを知りました。
普通の折込み生地とは逆にバターでデトランプを包みます。


模様は前回「太陽」でしたが今回は「月桂樹」にしてみました。(ちょっと彫り浅い。)
平らではない生地に描くのはなかなか難しいと分かりました。
何度も作れないから、上達望めないしね。



d0218765_17262663.jpg
サイズ 直径20cm


横からアップで。
層がはっきり出てます~。感動の浮き。(うれし涙)

d0218765_17272170.jpg

ナイフがシャクシャク入る、入る。
フィリングはフランジパーヌにしたかったのですが、
カスタード・クリームって卵黄沢山使うし少々作るの面倒。
余っても保存がきかないので、今回もアーモンドクリームのみに決定。
はみ出て焦げたりしていますが、この位許せます。

d0218765_17300415.jpg

焼きたて、冷めたてはバターの風味がしっかりしています。
リリエンベルグの横溝春雄さんも言われていますが、
逆折り込みパイはサクサクの食感になることが今回分かりました。
苦労も吹き飛ぶおいしさでした。

本質的に同じお菓子でも、
高さを出すピティビィエに比べ、低めにする所が違う点だそうです。
その意味ではガレット・デ・ロワらしくなくなりましたが・・・・。

青木さんご自身も番組の中で、”一番好きなフランス菓子だと思う”
とおっしゃっていました。
私もそうかも。
カロリー気になるけど、おいしさには負けます。









by Noah-life | 2014-01-19 20:23 | お菓子づくり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://noahlife.exblog.jp/tb/20251950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りり at 2014-01-24 16:15 x
Noah-life さん、はじめまして。
わぁー、おいしそうなお料理がいっぱいですね♪
16日付けのキッシュランチ、いいなぁ!!
出前はムリですよね…(笑)

cro-tat の作品も見せていただきました!
やり始めたばかりだなんて思えない!! とってもステキです。
高嶋タティングの方はどうですか? そちらもとっても興味があるので
体験談などよかったら、いろいろ教えて下さいね☆
Commented by Noah-life at 2014-01-26 14:48
りりさん
こちらにも来て頂いてありがとうございます!
キッシュ、お好きですか?
近かったら、出前するのに・・・遠すぎですね。

皆さんの作品に影響されて、基礎知識もないのに
いきなり海外のパターンばかり手を出すので、
時間ばかりかかって、きれいに出来ない始末です。

いろいろ、手を広げてしまう性質なので、
高嶋タティングも買っただけで安心してしまいました。^^
ニードルもあるので、それぞれどんなタティングが出来るのか
その内比較してみたいのですが。

りりさんはレースも写真もお上手ですねぇ。
私はレース編み始めてまだ浅いので、参考にさせて頂きたいです。
これからもよろしくお願いします。

<< バターロールと編みかけのクンスト グリューワインとキッシュであっ... >>