ハーダンガー刺繍のブックカバー

ここへきて毎日大雪の青森地方です❄️
向かい側に建築中のお家があるのですが、
毎日雪下ろしからの作業なので大変そうです。

d0218765_10570737.gif



小野寺美智子さんの本『はじめてのハーダンガー刺繍』を見て
ハーダンガー刺繍のブックカバーを作ってみました。

d0218765_10595134.jpeg

表側はストレートステッチ(サテンステッチとも言います)と
ウェービングステッチだけ。

糸を抜いた部分はスパイダースダーン・ステッチ。
確かに蜘蛛の巣みたいですね🕸

初めてのかがり方で、1周毎に始めの位置がずれるので
少し分かりにくかったですが何とかそれらしく出来ました。
もう少し円周を大きくすれば良かったかも…。



裏側

d0218765_11043020.jpeg


周囲はぐるっとボタンホールステッチ。
上下と当て布、ゴム糸をまつり付けて仕立てます。
(写真では当て布の色が見えにくいですが濃いブルーです)

生地から切り離す際、数ヶ所ステッチを切ってしまったので
あまり綺麗じゃないですが裏なのでまあいいかと💦



d0218765_11295217.jpeg

こんな風に本を挟むようです。


横から見るとこんな感じ。
d0218765_11385036.jpeg


綿のコングレス生地なのでざっくりとした手触り。

かがり方やステッチをいろいろ変えても素敵そうです。

実用的なものに仕立てるのは手間がかかりますが、

すごく楽しかったです。






☆ご訪問いただきありがとうございます☆
# by Noah-life | 2019-02-12 12:05 | その他の手芸 | Trackback | Comments(0)

ハーダンガー刺繍のソーイングセット

めちゃめちゃ久しぶりのハーダンガー刺繍。
ひとみさんのキットで3枚のコースターを作ってから
何と4年ぶりです…。

(その記事はこちら1枚目→2枚目→3枚目→)


今回は御園二葉さんの本
『織り糸を抜いて、かがるハーダンガー刺繍』(日本ヴォーグ社)
を見て作りました。



d0218765_17382440.jpeg


刺繍布 : ダブリン(10目/1㎝) 生成り
刺繍糸 : DMC8番・12番 (白/Blanc)
その他 : コットン、フェルト、グログランリボン、ビーズ



実はこの中央部……
先にカットして本当にいいのかなぁ?と不安でしたが
指示どおりにしたら、案の定中央部の糸が全部抜けました。
仕方なく別に刺し直して裏から縫い付けています。
せっかくのかがり部分が残せて良かったです。

d0218765_18283118.jpeg
内側にはピンクッション、鋏さし、ポケット。

d0218765_18311527.jpeg


シザーキーパーにはより紐を付けて。
これ、作るのが意外に難しいです。

クロバーのハンディヤーンツイスター欲しい。
ダイソーかセリアさん作ってくれないかな〜。

不細工ですが今回は何とか手で撚りましたよー。



d0218765_18220634.jpeg

小野寺美智子さんの
『はじめてのハーダンガー刺繍』(雄鶏社)もとても参考になりました。

以前はただただ眺めるだけでしたが
今この2冊を比べると
“はじめて”の方はシンプルな作品が中心。
御園さんの方は凝ったデザインや大作も多いです。

ステッチの名前もですが、糸始末や進め方など
ひとみさん、御園さん、小野寺さん
作者それぞれ違うので初心者は戸惑います。

結局は自分がやりやすく、綺麗に見えれば
それが一番かなと思います。


d0218765_11150387.jpeg

元々不器用なのに、中でも一番苦手なのが裁縫。

表布以外はあり合わせの材料なので
色も合っていないですが何とか形になって嬉しいです😊

これからは間をあけずにハーダンガー刺繍続けていきたいです。







☆ご訪問いただきありがとうございます☆

# by Noah-life | 2019-01-25 14:12 | その他の手芸 | Trackback | Comments(2)

パイ生地の残りで「ショーソン・オ・ポム」♪

先日のガレットデロワの残り生地で
りんごのパイ「ショーソン・オ・ポム」を作りました。

パイ生地が余ると作る定番です。
2年前の記事はこちら→

d0218765_16321722.jpeg
2番生地、3番生地で作るので綺麗な層になりにくいですが
何とかそれらしく焼けました。


d0218765_16255754.jpeg

フィリングはりんごをバターで柔らかく煮たポム・マムラード。
時期を過ぎて安かった紅玉りんごで作りました。
何と1個35円でした。




今回はついでに塩胡椒と胡麻のスティックパイも。

d0218765_16565024.jpeg

逆折りパイ生地なので膨らみ過ぎてしまいました。
焼いている間にパタパタ倒れます。

このスティックパイはビールのおつまみ
に合いそうです。

それにしても最後まで生地を色々に使えて良かったです。




# by Noah-life | 2019-01-13 17:21 | お菓子づくり | Trackback | Comments(2)

今年の王様パイ「ガレット・デ・ロワ」2019

昨日、1月6日はフランスではキリストの誕生を祝う日
公現節(エピファニー)でしたね。
🇫🇷

お正月明けからスタートし、当日めでたく焼き上げました。

それらしく王冠も用意して。

d0218765_11232435.jpeg
今回も逆折りパイ生地で作りました。
と言うか、このお菓子はずっとこのやり方です。

工程が多いのですが、一つ一つ丁寧に進めれば良いので
数日間で少しずつ出来るのも私的には楽です。


焼き上がった所。
今回は月桂樹の模様を落ち着いて描けました。

この後シロップを打ちます。

d0218765_11401503.jpeg

中は“フランジパーヌ”というクリームです。

夕食後甘いものが苦手なオットが自分から手を出し
あまり甘く無くていいと食べてくれました。

今回はカスタードクリームの割合を30%位にしました。
カスタード多めだとカロリーダウンにはなるらしいですが
私的にはもう少し甘い方が好みでした。


d0218765_12554528.jpeg
今回は生地に使う粉を強力粉と薄力粉1:2にしましたが、
次回は中力粉だけにするか、青木さん流に第1生地は強力粉
第2生地は薄力粉という風にするか迷う所です。

次回はクリームもチョコレートのアーモンドクリームにしようか
今からもう考えています。




☆ご訪問いただきありがとうございます☆
# by Noah-life | 2019-01-07 13:40 | お菓子づくり | Trackback | Comments(2)

初詣 & ユニークな津軽弁おみくじ

新年明けましておめでとうございます🎊

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

🎍

元旦の朝一番は、雪を踏みながらいつもの温泉へ。
お湯に浸かりながら新たに始まる1年に
思いを巡らせました。


身を清めた後は近くの廣田神社に初詣。
病厄除けで知られ
歌人で有名な藤原実方も祀られています。


d0218765_13484663.jpeg

d0218765_14210128.jpeg


こんなしめ縄もあるんですね。
レース編みやフリンジのようにも見えます


こんなユニークなものも。
地元のタレント伊奈かっぺいさんプロデュースの
津軽弁おみくじです。


d0218765_14382212.jpeg


りんごのおみくじも可愛いくて迷うのですが
釣り上げる楽しさと容れ物が欲しくて
ホタテを選びました。


d0218765_14403324.jpeg

こんな風におみくじが挟み込んであります。


d0218765_12204775.jpeg
何ともユーモラスな顔が楽しい〜

さて、おみくじはこんな内容でした。
分かりますか?
実は青森在住9年目の私も説明を見なければ
分からなかった…

でも、今の気分にぴったりのお告げで
勇気が湧きました。


あまり深く考えずに
この一年もとにかくやって行こうと思っています。

d0218765_12232029.jpeg



☆ご訪問いただきありがとうございます☆
# by Noah-life | 2019-01-05 16:22 | 青森あれこれ | Trackback | Comments(0)

今年最後のパン焼きは、いつもの。

前回の投稿で平成最後のお菓子と書いてしまいました。
まだ来年の4月迄は平成ですよねー。

平成が終わる迄にはまだ何度か作ると思います…
あー恥ずかしいー😅


で、今年最後のパン焼きはいつものバターロールです。

d0218765_18385103.jpeg


室温が低く、成形の間に生地が冷えたり
膨らみが悪くなりましたが、私にしては上出来。

今年もパンやお菓子作り、編み物なども元気に出来た事に
感謝しています。
来年も細々ながら好きな事を続けて行ければ
いいなぁと思う年の瀬です。


今年一年も拙いブログをご覧頂きありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様もどうぞ良いお年をお迎えください。




☆ご訪問いただきありがとうございます☆
# by Noah-life | 2018-12-27 18:54 | パン焼き | Trackback | Comments(2)

平成最後のお菓子は…「タルト・ブルダルー」

「洋梨のタルト、ブルダルー風」焼きました。

最近は何でも ”平成最後の〜〜“

私にとってこれが平成今年最後の手作りお菓子です。



d0218765_11120700.jpeg

冷凍しておいた生地と缶詰の洋梨、
後はアーモンドクリームを作るだけなので気軽に作れました。
水分があるので焼きたてはやや柔らかめでしたが
美味しかったです。


同時進行で天然酵母の角食パン1.5斤も。
こちらは7時間以上かけて。


d0218765_11200413.jpeg





今月初め、白鳥の群が北海道の方から渡って来ました。
写真では何だか分かりずらいですけど…
いくつもの群れが続き感激しました。

奥の白い建物は県立美術館です。

d0218765_12191759.jpeg


近所の川にもいました ^_^

雪は全然ありませんが今日の午前中の様子です。


d0218765_11415852.jpeg
d0218765_12283251.jpeg



☆ご訪問いただきありがとうございます☆
# by Noah-life | 2018-12-25 12:49 | お菓子づくり | Trackback | Comments(0)

2つ目の『Wurm』帽子と、クリスマスマーケットin 青森

『Wurm』のパターンでもう一つ帽子を編みました。

実は去年、妹に編む約束をしていたもの。
一年おくれのクリスマス・プレゼントになりました 🎄
ピエロさんのパターンで、ついでにミニマフラーも。

d0218765_11164150.jpeg

今回使用したのは「バルファ」というイタリアの毛糸。
前回の「カーディフ」とは別メーカーですが
糸の重量と長さもほぼ同じ、いわゆる合太の毛糸です。
ゲージを取った段階でも大差なし。

もともとコシのないカシミヤ糸という事もあり
前回は水通し後結構伸びた事と
かぶり口をダブルにする所がやり難かったのを踏まえ…

対策として
作り目とリブの回数を増やし、その分きっちりめに編みました。
作り目も別糸で後から解ける方法にして
楽にキレイに2目一度が出来ました。

出来上がりは、前回のものよりも小さめでしたが
水通し後(↑写真)は適度に緩み、大きな型崩れも無く
ほぼ期待どおりのサイズになりました。

針の号数が同じでも、糸によって微妙に張り感が違ったり
編み方によって随分変わってくるものですねー。
奥が深いです。


d0218765_12522770.gif

d0218765_11452716.jpeg

青森での開催は初となるクリスマスマーケット。
県の物産館アスパムで開催されているので
初日に早速行って来ました。

本物のモミの木にイルミネーションとリンゴの
オーナメントが飾られてとても綺麗でしたよ。

地元TVで放送された前日の前夜祭では、雪が木に積もり
まさにクリスマスらしい雰囲気でした。


d0218765_12573171.jpeg


遠く及ばない規模ですが
クリスマスグッズのお店や
ドイツ料理のお店もあり賑わっていました。
温かいグリューワインや
館内でのイベントなど楽しんできました。


d0218765_11405720.gif

☆ご訪問いただきありがとうございます☆
# by Noah-life | 2018-12-21 13:10 | 編み物 | Trackback | Comments(2)

完成した帽子と文学館へ〜

しばらく振りの更新になってしまいました140.png
雪はまだですが…
昨日あたりから、ちょっとだけ暖房を入れたりしています。

以前Hazelさんも編んでらしたラベリーで人気の
「Wurm」というニット帽。

d0218765_09524012.jpeg



パターン :「Wurm」/ ラベリー フリーパターン
使用糸 : CARDIFF CLASSIC (100% cashmere)
使用針 : addi 輪針 US4(3.5㎜)、US6(4㎜)

通常はゴム編みなどで編みはじめる事が多いと思いますが、
こちらは表編みを半分に折り、作り目に二目一度で合わせるやり方。

折り返しに裏編みが1段。
これがエッジになり、編み目の崩れも防いでくれます。
よく考えられているなーと感心。

d0218765_10383701.jpeg


編みつけるのは意外と大変でしたが
解ける作り目にすればやり易そうです。

Wurm(ヴルム)とはドイツ語で、英語ではWorm(ワーム)。
ユニークなネーミングですが確かに伸びたり縮んだり虫そっくり。

糸は半端糸のセールでお安かったカシミヤ毛糸。
カシミヤでもこのClassicはほぼ同じゲージが取れました。
軽くて温かいのはさすがカシミヤ!


d0218765_09541415.jpeg


d0218765_11195612.gif

昨日、県立文学館へ太宰治の没後70年企画展を見に行き
早速この帽子が役立ちました。
風が冷たかったのですがふんわり軽く、
耳も暖かかったです。

d0218765_09573705.jpeg
d0218765_10035188.jpeg

次も妹用にWurm🐛編む予定です。




☆ご訪問いただきありがとうございます☆

# by Noah-life | 2018-11-20 11:26 | 編み物 | Trackback | Comments(1)

久しぶりのクンストレース『Annette』完成しました〜♪

編んでいたクンストレース『Annette』がようやく完成しました。


d0218765_10452437.jpeg



丸いテーブルが無いので
幅89㎝の角テーブルに置いたところ。




d0218765_17264632.jpeg



細い糸なのでふわっとした仕上がり。

糸はくすんだ色合いのブルーです。
もう少しくっきりした色にすれば良かったかな〜。
テキストではDMCの20番で編まれています。
みちっとした感じも好みでした。


中央はこんな風。
以前、「芸術編みクンストレース」から編んだドイリーの
葉っぱ模様にも似ています。
その記事はこちら→

d0218765_17090700.jpeg

外周は12模様に。
交差編みで変化をつけたひし形と葉っぱの組み合わせが
チューリップのような模様になっています。

模様を繋ぐ空間は蜂の巣のようなハニカム模様。
この編み方とても気に入っているのですが
形が揃わず残念(~_~;)


d0218765_21424558.jpeg

参考書:『 Knitted Lace』
by Sonja Esbensen/Anna Rasmussen
パターン :「Annette」
使用糸 : ピエロ 一期一会シリーズ【G144】ペールブルー
使用針 : addi 輪針 1.5㎜ 40㎝、60㎝、80㎝、レース針1.25㎜
仕上がりサイズ:直径約60㎝






ふんわりと椅子の背にかけてみました。

いい感じで〜す🎶

d0218765_16592742.jpeg


今まで編んだ中では一番大きく、根気が続くか不安でしたが、
いつかは完成するものですね😊

更に大きな作品にも憧れるけれど、我が家では使い道が無いな〜

次は何を編むか思案中…





☆ご訪問いただきありがとうございます☆
# by Noah-life | 2018-09-23 14:36 | 編み物 | Trackback | Comments(1)